結婚式場で申し込んだ場合のデメリット

撮影の内容に融通が利きにくいことがある

ウェディングの際に前撮りを希望するにあたり、結婚式場を通じて各地の写真館の予約を取るカップルも少なくありません。実績のある写真館と提携している結婚式場においては、前撮りの希望者を対象とした無料相談を行っているところもあり、予算の範囲内で写真撮影を行うことができます。一方、結婚式場で前撮りの申し込みをする場合には、選択できるプランの内容が限られていることがあり、好みのロケーションや撮影日時、撮影方法などを選びにくいといったデメリットもあります。そこで、夫婦の希望を最大限に反映させるために、トータルサポートがしっかりとしている結婚式場で契約を結ぶのはもちろん、専属のプランナーを通じて、担当のカメラマンと念入りに打ち合わせをすることがおすすめです。

結婚式場に支払う手数料が高額になることがある

結婚式場の中でも、前撮りのサポートが充実しているところは、挙式や披露宴の前にゆっくりと写真撮影ができるため、多くのカップルの間で人気が集まっています。特に、前撮りのためにウェディングドレスなどの衣装のレンタルや、チャペルの利用を検討するにあたっては、過去の実績などに注目をしながら式場選びをすることがオススメです。一般的に、写真館の予約をする際に結婚式場に仲介をしてもらう場合には、手数料が発生することがあるため、挙式までにかかる費用にこだわりながらプランを決めることがポイントです。また、結婚式場によって前撮りに必要な手数料の金額に大きな差があるため、ブライダルフェアなどの機会に担当者に見積もりをしてもらうと良いでしょう。